• About

    WALTZ GUITARS(ワルツギターズ) は「製作家がエレキギターを一本一本作る」ギター工房です。

    ワルツのギターはデザインからセットアップまですべての作業をギター製作家の柳真弥(やなぎしんや)がおこなっております。

     

    -作品の基本コンセプト-

    • シンプルでポップで綺麗で在ること
    • 艶と響く音色
    ワルツユーザー数:のべ50人(2019年08月02日現在)

    History

    2004年にわたしが個人工房として「ワルツギタースタジオ」を埼玉県所沢市で開業しました。開業から10数年はギターリペアをおもに行っていました。自身もアマチュアバンドのギターとして活動していたことから都内ライブハウスで活動する多くのバンドマンからリペアの依頼を受けていました。当時より個人対個人の顔の見える仕事をモットーとしています。2007年に最初のオリジナルモデル「como」が完成しました。そのギターは自分がほしいギターを具現化したもので現在でも自分で所有し愛用しています。ギターリペアの合間にオリジナルモデルの製作をし、2008年には2本目のモデル「youth」が出来上がりました。このギターはわたしの敬愛するそして憧れのギタリスト石井マサユキさんに贈呈しました。最初の転機となったのは2012年に工房を東京都小平市へ移転したことでした。アコースティックギター製作家の西恵介さん(Keystone Stringed Instruments)と工房シェアをし、ギター製作の数が少しづつ増えていきます。その頃に出来たモデルが「neocaster」「barock」「liv」です。小平工房は2年と少しの期間で山梨県北杜市へ転居移転したのが2015年でした。山梨へ来てから精力的にギター製作をし、同年ドイツのベルリンで開催されたHoly Grail Guitar Showへ出展しました。そして移転が多いのですが2017年に北杜市白州へ工房を移し、いまに至っています。

    文:柳 真弥

  • Models

    Como

    アーチトップエレキギター

    Barock

    バランスの優れたシェイプのエレキギター

    N3

    シンプルスタイルエレクトリック・ギター

    Myna

    テレキャスターへのオマージュからできたギター

    Neocaster

    ワルツ的進化版テレキャスター

    JAZZ

    オリジナルスタイルのホロウボディーギター

    Liv

    小振りな小音量アコースティック・ギター

    Liv Aco

    パーラースタイルのアコースティック・ギター

    Waltz Bass

    エレクトリック・べース

  • Luthier

    Shinya Yanagi

    ギター製作家

    1977年生まれ、埼玉県所沢市出身

    機械工学部卒、フジゲン、機械メーカー勤務を経て、2004年にギター工房を始める。

  • Contact

    If you have any related questions, please send us a message.

  • SNS

    最新情報をチェック!